やはぎ接骨院&スポーツ・フィジカル・コンディション・ヤマガタ (SPCY)


日々の治療やケアに関して
by joekun42
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

クライアント NO5 右下腿部打撲 2回目

先日サッカーで蹴られた下腿部!大分腫れがひき!(よかった!コンパートメント症候群:にならなくて!内出血により足の中がパンパンになってしまうこと)前回より筋肉の張りも引き、テーピングや固定の影響もあったのでしょう!今日はまだ前回と同じ施術でいきましたが、来週からはもう少し踏み込んで施術やアスレティックリハビリテーションができそうです。よかった!もう少しの辛抱ですよ〜!リハビリがんばりましょう!さ〜!来週のリハビリの内容考えなくちゃ!皆様にはまた、プログラムや怪我の状況・経過をみていただきたいと思っています。参考にしてみてください。

http://jp.youtube.com/watch?v=qRhPuWDTXx8

やっぱり 中村選手はすごいよ〜!
[PR]
by joekun42 | 2008-04-25 23:29 | アスリハ

NO3 クライアント ぎっくり腰

クライアント NO3 ぎっくり腰 会社員 来院2回目

昨日の状況から一転!一人でしっかり歩けるようになっており、笑顔がでています。この時が一番施術していてうれしいときです。待合室からしっかりとした足取りで、治療ベッドに!

うつ伏せで体の状況を把握してから、筋力テスト(患者さんの体の一部分の筋肉でテストを行い、筋力がしっかり入るところは安定している!筋力が入らないところは何かの問題がある)で、状況確認してみる!昨日と比べて、やはり確実に安定していることがわかった!ただ、よく見るとまだ腰の関節や骨盤の関節での不安定があったため、治療をすすめました。

これで
よ〜〜し!遠いところからわざわざきてもらっています。私もがんばりますよ〜!

話は変わってよく、骨盤のバランスが悪く矯正を受けることがありますが、やはり骨盤だけの問題ではなく、もっと重要な部分があると思っています。それは個人個人違うので、ここだとはいいきれませんが、段階があると思っています。その段階をしっかり治しておくことで確実性が出てくると思っています。また、骨を鳴らすとか?関節を動かすというより、その一つの動作で体の中で自然治癒力を高めてあげるということです。患者さんの体に負担がない施術を行っていきたいと思っています。
f0161333_2320189.jpg

[PR]
by joekun42 | 2008-04-25 23:20 | カイロプラクティック

食べ過ぎてはいけない食品(1)




アルコール

私も仕事が終わると、飲まないと気がすまないのですが・・・!(一日がおわったね!自分のご褒美の為に)

でも、とりすぎるとやっぱり何でもよくないんだね〜!(マッスル&フィットネス 2008/04より)

リラックス効果をもたらすなど、少量は体にいい面もある。だが、頻繁に、あるいは大量に飲んでいると、健康にも、体づくりにも、マイナスの結果を招くことにある。
アルコールの摂取はテストステロンの減少とエストロゲン(女性ホルモン)の増加を招き、筋肉づくりの成果を妨げてしまう。また、体脂肪の蓄積も進めることになる。

以上

自分の中でもよく理解しているのだが・・・

みなさんはいかがですか?


f0161333_22461380.jpg

[PR]
by joekun42 | 2008-04-24 22:42

スタティックストレッチ

みなさんは体の柔軟性はいかがですか?大丈夫ですか?

じゃ!みなさん!テストしてみましょう!

1)立ってみてください。
2)足はくっつけてつま先をしっかり前にそろえて立ってみてください。
3)そのまま”前におじぎしてみてください”
4)指先が床につきますか?

いかがだったでしょうか?

無事につきました?

学生の方!一般の方!もし 指が 床につかない状況であれば、

腰痛や膝の痛みが出現するかもしれません。

スポーツ選手であれば、疲労がうまく除去できず、筋の損傷が起きるかも

しれません!最低でも指先が床に着くように努力してみましょう!

ストレッチのやり方はいくつかあります。

画像を入れて説明してみます。

f0161333_2284329.jpg
f0161333_2294556.jpg
f0161333_2210879.jpg


ストレッチの注意事項は次です。

1)反動をつけない
2)痛い所までもっていかない
3)呼吸をとめない
4)伸ばしている所を意識する
5)20〜30秒しっかり伸ばし、3〜5セット行う

以上注意して行いましょう!無理は禁物で個人個人の体に合わせて行いましょう!
[PR]
by joekun42 | 2008-04-24 22:32 | アスリハ

右下腿部打撲

クライアント NO5 会社員 サッカー

患部:右下腿部打撲

現病歴:サッカーでボールを蹴ろうとしたら、相手に足を蹴られたものです。(すね当てはつけていませんでした。)

初検時:ぶつけた所の腫れや痛みなどがあり、歩くのにも困難がありました。

CARE:痛めた所を治す物理療法を行い、一緒に冷やしを行いました。軽めの治療にして、湿布とバンテージ(包帯)での固定を行いました。治るまで2週間くらいかかるケースだと思います。(今週は痛みを取る治療!来週からは筋肉の中の痛めた筋肉の繊維を治していく治療に変えていきます。)仕事は車に乗る事が多いので、気をつけてください。また、早く治る様に一緒にがんばりましょう!
f0161333_2034210.jpg

[PR]
by joekun42 | 2008-04-24 20:34 | アスレティックトレーナー

左手関節捻挫

クライアント NO4 高校生 柔道部

患部:左手関節

現病歴:柔道の練習で痛めたものです。

初検時:肘から手にかけて二つの骨があるのですが、手の関節の近くの靭帯(骨と骨を結んでいるもの)ところが痛めていました。握力は右40kg/左9kgぐらいでした。痛みも伴いました。

CARE:微弱電気(マイクロカレント)とクライオパック(冷たいもの)で物理療法を行い、手の関節&骨の調整を行いました。今日は2回目の来院でしたが、握力が右50kg/左30kgと回復がみられました。今後も強化して早く調整して復帰できるようにしたいですね!でも、もうすぐです!がんばりましょう!


f0161333_20442378.jpg



f0161333_20444959.jpg



f0161333_20451521.jpg

[PR]
by joekun42 | 2008-04-23 20:48 | アスリハ

人であふれた駐車場

人であふれた駐車場

http://jp.youtube.com/watch?v=eJw-W2Ja1ho

人間ってなんの為に生きてるの?仕事ってなんですんの?すごく心に響くいい話でした。私もいつまでもこんな気持ちで誠実に生きていきたい!

みなさんはどう?おもいましたか?


f0161333_1846826.jpg

[PR]
by joekun42 | 2008-04-23 18:03 | 人生

山形ジュニアエアロビクス大会

4年前から、縁あって”エアロビクス”の大会で救護班の仕事をしています。患者さんの中にも多くいまして、怪我はやはり筋肉の損傷・関節の損傷などが主です。今回(H20.4.12上山文化センターにて)の大会は山形県内の子供たちがメインで、下は小学1年生から上は高校生です。以前からみている子供さんもいますが、皆さん本当に上手になって体の使い方や表現力が非常に上手になったと思います。これからも、是非頑張ってもらいたいです。

大会で入賞したみなさん!本当におめでとうございます。


f0161333_1612216.jpg



f0161333_162244.jpg



f0161333_1622711.jpg

[PR]
by joekun42 | 2008-04-23 16:04 | アスレティックトレーナー

ぎっくり腰

クライアント NO3 会社員

傷病名:腰椎捻挫

現病歴:4日前に腰の違和感を覚えて、2日前に悪化す。人に支えてもらわないと歩行困難!

初検時:下肢の症状はないが、腰の痛みはかなり強い!SLRテスト行ってみる(ヘルニア疑い)両下肢検査の陰性、ラセーグテスト陰性、股関節の可動域は左右とも大丈夫ですが股関節ではなく仙腸関節(骨盤と仙骨の間の関節)に問題がありそう。特に左側の硬さや違和感・痛みが伴う!大腰筋(骨盤の中にある筋肉)の硬さがあり、脚長差がありました。

CARE:筋力テストにて体のバランスをみてみました。やはり左の反応が強く足〜骨盤〜腰椎まで反応の出る所を確認し、治療していきました。物理療法も行いましたが、微弱電気(マイクロカレント&クライオ療法)を行いました。治療後、今後の過程と日常の生活の注意点など説明し今日の治療を終了しましたが、帰りは来た時より良くなり、腰が伸びて軽くなったとおしゃって帰られました。
f0161333_16102753.gif

[PR]
by joekun42 | 2008-04-23 15:42 | カイロプラクティック

両下腿部骨折後

クライアント NO2 会社員

傷病名:両下腿部骨折(左足粉砕骨折後)

現病歴:バイク乗車中、ジャンプの着地にて両足下腿部骨折したものです。すぐ、救急で緊急OPEを行い、プレートで固定しその後プレートを外すOPEを行いました。リハビリは行っていたのですが、なかなか関節の動きが良くなく少しでも改善できるようにとCAREしにきました。

初検時:関節の可動域が低下しており筋力的にも低下しているようにおもいました。圧痛や腫脹・熱感などは認められませんでした。

CARE:受傷後、大分時間が経過しているのですが、まずは関節の可動域をしっかり行い柔軟性をつけてから、筋力・神経筋の固有受容器を活性化していこうと本人と話をしたところです。今日はいくつかのリハビリを行い、自宅でもできるようなメニューを指導しました。
f0161333_13574351.jpg

[PR]
by joekun42 | 2008-04-23 14:02 | アスリハ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
行ってきました!ビキニデ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
クビを通達されて
from Anything Story
たくさんの仲間
from Anything Story
BLOG from Ya..
from FROM・該AMAGATA
ライフログ
カイロプラクティック
トレーナー
アスリハ
メンタル
栄養
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧