やはぎ接骨院&スポーツ・フィジカル・コンディション・ヤマガタ (SPCY)


日々の治療やケアに関して
by joekun42
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:施術&治療( 5 )

バスケットボールの選手

おはようございます。


今日も朝早く電話があり、腰に痛みがあり動くのに問題があると連絡を受けました。

歩行の姿を見ても、一応普通の動きで動けている。

腰の可動域を調べてみる。

ん?

動きがやっぱりない!

また、痛みが出現している。

左足は、短くなり!骨盤の動きもより悪くなっているようです。

カイロプラクティックのテクニックも入れながら治療を行っていく。

今日は、安静を保ち今週末にまた来院していただけると・・・


今回の症状の裏には、いろんな問題があるようです。

是非、痛みが早く落ち着く様にすすめていきます。
[PR]
by joekun42 | 2012-03-02 10:17 | 施術&治療

クラシックバレエ

当院では、いろんなスポーツや一般の方が来ていただいていますが、本日はクラシックバレエの方が来院して頂きました。

最近、腰の痛みが強くなったということで、施術させていただきました。

まず、話しを聞きだいたいの事は把握して、身体の動きをチェックしてみます。

いくつかのチェック項目から、身体の使い方がわかりました。

左の足でよくバランスを使っているため、右足を上げる動作はいいのですが、左足を上げる事は苦手のようです。また、身体の使い方も変わっています。

骨盤の中にある、大腰筋も少し筋力が低下しています。この筋肉が低下することで、身体の芯の部分での使い方ができないため、腰にも負担がかかってしまったみたいです。

さ〜!今日は軽めに行い次回からは、症状を見ながら本格的に行っていきましょう!

近々大会もあるため、少しづつレベルを上げてもう一つ上でのレベルでできるように頑張っていきましょうね!
[PR]
by joekun42 | 2012-03-01 11:42 | 施術&治療

水泳 東北大会

昨日から当院の近くの山形市スポーツセンターにて、高校生の水泳の大会がくりひいろげられている。(当日は早朝からバスやくるまでにぎわっておりました!)

うちの患者さんたちも出場していますが、早速ケアしにきてくれて”先生、今日は東北4位だった!”って!

自覚症状や問診・触診・視診・筋バランス・筋力テストなどを行い体の調子を確認する。見てみると身体全体の疲労感が抜けていないよう。特にふくらはぎの筋肉の張りがあり、レース前も大変だったみたいです。でも、今日はしっかりケアしようね!とだって今日と明日もレースが重なっているんだよね〜!大変だ〜!しっかり疲れをとって次のレースに気持ちを切り替えていこうねと話ました。さ〜!残り少ない高校生活!悔いのないように頑張ってもらいたいです。
[PR]
by joekun42 | 2008-07-19 09:41 | 施術&治療

動脈硬化のコントロール

人間は年をとると誰もが血管が硬くなりますが、実は小児から始まっているそうです。でも、実際は血管の内腔狭窄が75%以上にならないと血流の減少は起こらないといわれています。ですから、生きている間に狭窄75%以上にならない様にすることと、できてしまった粥状硬化巣が破れて血栓などが起こらない様にすることが大事です。

動脈硬化の予防と改善の為にはなんといっても危険因子をさけなければなりません、動脈硬化の危険因子とみなされているものは200以上あります。でも、その中でも5大因子の1)高脂血症 2)高血圧 3)糖尿病 4)肥満 5)喫煙をさけることでリスクを少なくすることができます。

一言でいえば、動脈硬化をさけるには、脂こくない血液にすることです。


f0161333_20175367.jpg

[PR]
by joekun42 | 2008-07-07 17:39 | 施術&治療

動脈硬化とストレス管理

ストレスが高血圧や動脈硬化など、循環器病の危険因子となることはよくしられています。競争心の強いタイプAの性格やストレスを受けやすい人は、心筋梗塞のリスクが高いといわれています。ストレスが、交感神経ー副腎髄質系の活性化により、カテコールアミンというホルモンが過剰に分泌され、心拍数が増加して、皮膚や内臓の血管収縮がおこり、血圧が上昇します。カテコールアミンはLDLコレステロールを酸化させる働きがあります。

酸化LDLは強力な血管傷害性を持っているので、酸化LDLが産生されると血中の単球が血管内皮細胞からのシグナルを受けて、マクロファージ化して酸化LDLを貧食することによって泡沫細胞が形成され、プラークを作っていきます。

これらの状況で、血管内皮は障害され動脈硬化が促進されるのです。

ですから、普段からストレスコントロールを心がけることが大事です。
#リラクゼーション・バイオフィードバック・自立訓練法・瞑想法等上げられます。

最近はストレス受ける事が多いもんね〜!みなさんはどんな解消法をやっていますか?私は自転車やジョギングを行っています。
f0161333_20521827.jpg

[PR]
by joekun42 | 2008-07-06 20:28 | 施術&治療
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
行ってきました!ビキニデ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
クビを通達されて
from Anything Story
たくさんの仲間
from Anything Story
BLOG from Ya..
from FROM・該AMAGATA
ライフログ
カイロプラクティック
トレーナー
アスリハ
メンタル
栄養
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧