やはぎ接骨院&スポーツ・フィジカル・コンディション・ヤマガタ (SPCY)


日々の治療やケアに関して
by joekun42
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

大腿部肉離れ vol4

大腿部肉離れのリコンディショニング

怪我の炎症症状の軽減を目的に最初はアイシング(冷却)をしっかり行うことが大事です。炎症が落ち着いてきたら、温熱療法や電気療法に切り替えてストレッチ動作をはじめていくといいでしょう。痛み落ち着いてきたら運動療法に切り替えていくといいです。ふとももの筋肉をハムストリングスと呼んでいますが、その筋肉を等尺性収縮(アイソメトリック)簡単にいうとみなさんが学生のころにやったいまのやっている人がいるかな?壁をつかっての空気椅子!これから、だんだんチューブや徒手抵抗からマシンに切り替えていきます。これからできるようになったら、スクワットかたレッグランジのメニューに切り替えていきます。現場に復帰できるようになったら、持久力・協調性の回復も目的にランニングを中心としたメニューから行っていきます。
ランニングも50%〜スピードを開始して、100%が可能になればスパイクを装着していくが、スパイクを履いてからも50%からはじめてスピードをあげていきます。その動きで問題なければ、スタートダッシュからの加速などの練習をいれていきます。

#肉離れを起こしやすいフォームとしては次の特徴があります。#
1)足の振り出しが大きく、踵の着地が遠い
2)体が前のめり
3)踵の着地で膝の関節の角度が深くまがっている
4)筋肉の硬さ(柔軟性)がある。

(種目別スポーツ障害の診断より)

f0161333_10262492.jpg

[PR]
by joekun42 | 2008-07-05 10:33 | アスリハ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
行ってきました!ビキニデ..
from 保土ヶ谷エリアCのいちにち
クビを通達されて
from Anything Story
たくさんの仲間
from Anything Story
BLOG from Ya..
from FROM・該AMAGATA
ライフログ
カイロプラクティック
トレーナー
アスリハ
メンタル
栄養
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧